30も過ぎて、将来に不安を感じたのが私のFXをはじめたきっかけです。

手取りも少ないですし、給料アップも期待できません。

それに、貯金も百万もなく、どうしたものかと考えて、テレビでFXを知りました。

その方は私と同年齢の、専業主婦であるにもかかわらず、資産数億円を稼ぎだした投資家でした。

なんと、その資産はすべてFXで儲けたお金だというのです。

私は心底ビックリして、興味を持ちました。

どうせ何か特別な知識やキャリアがなければできないだろうと思っていたのですが、はじめる方は大抵は初心者が多く、学生さんや主婦の方も最近ではやっているようです。

ならば、きっと私にだってできるはず、と思ってはじめました。

まずは勉強してから効率よく稼いでいこうと、資料を読みふけったり、経験者から話を聞いたりしてずいぶん勉強をしました。

その際、いくつかの取扱会社から資料も取り寄せ、ネット上のバーチャルでの取引で練習に励みました。

実践するときは怖かったのですが、少ない投資でレバレッジも少なめ、最小取引単位からスタートしました。

私が心がけたのは、細かい実践テクでも知識を増やすことでもありません。

ただひとつ、「儲けようと思わない」ように取引をしました。

少しの損害を埋めるために賭けにでるようなことをせず、「危ないかもな」と思ったらやめるようにしました。

どうしても、自分の今まで貯めた大金が動くので、感情的になってしまうのですね。

私は焦っていいことがないので、まず、精神面をあらためることが儲ける方法の第一歩です。
はじめてで心配だな...と思って二の足を踏んでいる方がいましたら、一度試してみてくださいね。